■少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る  ■格言集言集のMENUへ戻る

−株式雑学講座 INDEXより引用− (※一部短期取引に置き換えています)
行のページ
目先観で投資するな<メサキカンデトウシスルナ>

初期の株式投資で何度か儲けるとつい調子に乗ってしまい十分な観察をしないままうっかり手を出してしまう・・怖いことですケガの元です。
調子に乗るほど株は甘くない

名人、天井売らず底買わず<メイジン、テンジョウウラズソコカワズ>

十分な経験を積んだ人でも、最高値、最安値を的中させることはでさない。
むしろ、天井で売ろうなどと思っていると利食いのチャンスを逃す。底値で買おうと思っていると、投資のチャンスを逃がす。天井では売れない、底値では買えない、という格言。

見切りを早むるとも、断じて遅らすなかれ<ミキリヲハヤムルトモ、ダンジテオクラスナカレ>

相場には、流れがある。その流れに棹差す投資法もあるが流れが変わったと思えば、の格言のとおり、見切りは断じて遅れてはならない。

見切り千両<ミキリセンリョウ>

買った株が下がっても思い切って投げられず、仕方なく塩清けにして持っている投資家が多い。やがて相場が戻ろだろうと思っている間、ずるずると下がっていく。この格言はそのような投資家に対して、投げの決断を追ったもの。

判断を誤ることは正常なことだ、それを修正しないのが異常である

今、この株を買うと儲かると思って投資するが、逆の目の出ることが多い。そんなときは、思い切って売り、別の株に狙いをつけるか休むべきだ、という意味の格言。
株式投資には、方針・路線の変更など、柔軟性のある戦略・戦術が求められる。
株価は、天井圏にあるよりも底値圏でどっしりと腰を据えている期間が長い。自信を待って買った株でも、買い値より下がって、なかなか戻らないことがある。それでも損はいやだから、戻りを待つ。その段階で方針を変えないと、ジリジリと下げ続ける。とうとう、戻り待ちをやめて投げると、そこが底値だったというケースがある。

格言集のMENUへ戻る
 

もちあい放れにつけ<モチアイハナレニツケ>

長期間・低位置で低迷している相場は、必ず反発するときがくるから、もちあい圏内から上昇に転じた相場は買い、という格言。
個別銘柄でも、同じようなことがいえる。業績・材料的に見ても魅力がないので、長い間安値で放置さている株がよくある。が、こうした株は、しばしば上放れることがある。

もうはまだなり、まだはもうなり<モウハマダナリ、マダハモウナリ>

相場の大天井・大底がわかれば、誰でも株式投資で成功する。
どんな尺度で計っても予測できないところに、魅力があるのかも知れないが、先人はこの格言で、市場のムードがもう天井だろうといった段階では、まだまだ高値がある。
反対に、まだまだ下げそうだというムードの時には、大底をついており、買いそびれると、チャンスを逃がしてしまう、と説いている。いずれにしても、投資家は人気に惑わされないことが肝心である。

戻り待ちに戻りなし<モドリマチニモドリナシ>

相場が下がっていくとき、次に戻ったところで株を売ろうと待ちかまえていると、案外戻らずにずるずると下がってしまうことが多い。
要するに、前項とともに株とうものは思いどおりの値で売買できないことがしばしばあるという意味の格言である。
指し値で売買の注文を出したところ、出合いがつかないので注文を取り消すと指値以上に上がったり、下がったりする。そこで、あらためて注文を出すと、また、出合いがつかないことがある。
なお、相場全体の動きも、押し目待ちに押し目なし、戻り待ちに戻りなしということがある。

名人は相場の恐さを知る<メイジンハソウバノコワサヲシル>

いろいろな局面をくぐり抜けてきた投資家は相場変化の恐さを知っているから、相場を甘く見ず無理なことはするなという格言。
相場に名人という表現はおかしいかもしれないが、株式相場で成功する人はわき目も振らずただ株に熱中する人というよりも、慎重に上にも慎重に売買する投資家

格言集のMENUへ戻る

 
少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る
TOPページへ戻る