■少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る  ■格言集言集のMENUへ戻る

−株式雑学講座 INDEXより引用− (※一部短期取引に置き換えています)
行のページ
相場のカネとタコの糸は出し切るな<ソウバノカネトタコノイトハダシキルナ>

たとえ株用に用意した余裕資金でも一度に全部出し切るなということ、もう一銘柄を買えるくらいの余裕は持ちたい。 途中すばらしい株が出ても買えないのは悔しい。

相場の器用貧乏<ソウバノキヨウビンボウ>

相場に限らず昔から器用貧乏という言葉がある。
なまじ器用なため気が多く一つの事に身が入らず貧乏で終わる・・と言うこと。
相場も同じで自分は賢くて判断も良いから他人のように負けたりしない、と研究もしないでいると負けの連続になる。

筋の耳打ちは信額するな<スジノミミウチハシンガクスルナ>

「あなたにだけ教える」・・・・といった情報通の話に乗るな!
というウォール街の格言。何が株価を上げる材料か、常日ごろの研究こそが大切であるということ。

知ったらしまい<シッタラシマイ>

増配の決算が発表されたと企業の業績が好転してきては、もう織り込みずみとなる。株価は業績が好転しつつあるらしいという段階で、先買いされるからである。

損して休むは上の上<ソンシテヤスムハウエノウエ>

損をしたあと、なんとか取り返そうという気持ちになるのは勝負事と同じであろう。
ついあせって他の株を仕掛けることになるが、こんなときこそ、落ち着いた態度が求められる。自信があろうとなかろうと、取り返したい一心になったときは、はやる心を抑えねばならない。買うチャンスはいつでもあるよということ。

損切りは素早く<ソンギリハスバヤク>

投げの決断ができずに損を大きくすれば、それだけ資産が減る。したがって、投げの決断は素早くやれ、と説いている格言である。

損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ
<ソンダマヲケツダンハヤクミキルコト、コレソウバノシンセントシレ>

神仙とは、神通力のある仙人のことである。損している株を決断早く見切ることは、相場の神様がやることだということで、売りの決断を追っている。いつまでもくよくよしていてもはじまらない、と教えている。

格言集のMENUへ戻る
 

相場のことは相場に聞け<ソウバノコトハソウバニキケ>

これも有名な格言で、見通しが不透明な時。逆に思わぬ高安値が出た時に、市場ではよく使われる。相場はどんな手法で分析しても、どんな尺度で計っても読み切れないし、計り切れない。それほど、いろいろな原因がからみあっている。だから相場見通しには、景気や企業業績・円相場の動向・さらには市場内部要因など、諸材料を分析するのはもらろん大切なことであるが、そうした材料の判断がむずかしいときには、相場の流れをより重視せよ、ということである。考えるより、相場の流れに従えという格言である。
その意味すろところは、相場にはそれらの諸材料は織り込まれ、相場を分析すれば見通しもつくということ。
埋由なしに相場は上がったり、下がったりしないから、相場に聞くこともまた、投資の奥義の一つである、といえよう。

相場は明日もあるソウバハアスモアル>

株式投資では、「あの時あの株を買っておけば儲かったのに…」とか、「あの時売っておけば塩漬けにならずにすんだのに」と、反省してもはじまらない。
この格言は、いたずらに過去のことを思い返すのでなく、投資には前向きの姿勢が大切と説いている。

最初の追い証の時に売れサイショノオイショウノトキニウレ>

信用取引で、思惑とは反対に相場が下がり損をしているのに、急落・暴落場面に出会うと、投資家の心理は不安感で揺れ動く。どう対処すべきか。投げるべきか、戻りを待つか。追い証を出すよう、証券会社から連絡がきても、考えるのはそのことばかりで、資金を考えると悩みは深まる。心理的にも追い込まれる。
格言では投げのタイミングとして、最初の追い証が撤退の時と警告している。

新値にはだまってつけ<シンネニハダマッテツケ>

低迷を続けていた株は上値に買いのシコリがないし、上放れるにはそれなりの理由がある。新値につけという格言には、もちあい圏にあった株価が下値支持線を切って新安値をつけた場合は売れ、という意味もある。

備えあれぱ迷いなし<ソナエアレバマヨイナシ>

株式投資で大切なことは、自分がしっかりとした相場観を待ち自信を持ってのぞむこと。
そのためには、株式相場についての研究が必要である。カンだけを頼りに投資すると、目先の動きに振り回されたり、ほかの値上がりしている株がよく見えるなど、迷ってしまう。株式投資をすることの効用は、内外の経済を勉強することもその一つであるから、研究を怠ってはならない。相場格言は、ぬれ手で粟はつかめない、とさとしている。

相場は、豹変する<ソウバハヒョウヘンスル>

相場はいつ局面が変わるか判らないから、細心の注意が必要、といっている。

指し値は取り消すな<サシネハトリケスナ>

目先の値動きにこだわらず、決めた指値で買いなさいという格言。
時価より少し低い値の買い指値で注文を出して見たものの相場が下がって、商いがつきそうになると、もっと安い値で買えるのではないかと思って指し値を下げたり、取り消したりする投資家が多い。
このように、目先の値動きにこだわると、株価が反発してチャンスを逃がすこともある。
一円でも安い値で買いたいのが投資家の心理ではあるが値段を買うのではない、と教えているわけである。
また、指値で売り注文を出すとき、時価より少し高めに出し、指値に固執して売り逃げのチャンスを失するケースがある。

相場師は孤独を愛す<ソウバシハコドクヲアイス>

株式投資で成功するには他人と同じことをしていてはいけない、という格言。
いうまでもないが、相場は安くて人気の離散しているときに買い、高くなって人気が出ているときに売るのが成功の秘訣。
勝負は、独りで、挑戦しなけれぱならないというわけである。

格言集のMENUへ戻る

 
少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る
TOPページへ戻る