■少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る  ■格言集言集のMENUへ戻る

−株式雑学講座 INDEXより引用− (※一部短期取引に置き換えています)
行のページ  
山高ければ谷深し<ヤマタカケレバタニフカシ>

相場は暴騰することもあるが、つねに反落する危険もはらんでいる。
しかも、上げ相場が高ければ高いはど、下げ幅もきついことを示す格言。

休むも相場<ヤスムモソウバ>

株式投資も休むことが大切だと説いた格言。
相場には、上げか下げか判断に迷うことがしばしばある。そんなときは、少し次の相場展開を待てばよい。
また、冷静に場面、場面に対処していかねばならない。そうした投資態度は、適当に体むという気待ちがあるからこそ維持できるわけで、常に売ったり、買ったり、回転売買をしていると、失敗する。

休むほど相場の極意ほかになし<ヤスムホドソウバノゴクイホカニナシ>

ちょっと当たれば買い進んで、体むことを知らずについつい深追いすることが多い。
しかし、手を休めることが、最上の策である場合もあるということ。

休むとはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり
<ヤスムトハタダノヤスミトオモウナヨ、ツギノシカケノモトトナルナリ>

株式投資の効用は、内外の政治・経済・社会情勢などを研究することもその一つである。
売買を休んでいる間に大いに勉強して、次の投資に備えること。そういう投資態度をこの格言は求めている。

山もみな一面の弱野も気なら、あほうになって買いのタネまけ
<ヤマモミナイチメンノヨオウニナッテカイノタネマケ>

これほど相場の極意をズバリといっている格言はない。
なにか古めかしい文章であるが、今もこの投資法は正しい。が、悲しいかな投資家の心理はこんなとき、まだ下がるのではないか?いや必ず下がる、と思って買いそびれる。
少し上がると、あの安値へもう一度戻るだろう、と恐れる。そして待っていると皮肉なものでそのまま上がってしまう。それだけに、周囲が弱気一色のときの買いの勇気ほど貴重なものはない。

安物買いの銭失い、安物は高物、価値あるものがものをいう
<ヤスモノカイノゼニウシナイ、ヤスモノハタカモノ、カチガアルモノガモノヲイウ>

これは安いと思って買った商品が早々といたんだり、気に入らなくなった経験は、誰しもあるはず。株式投資にも、この経験を生かすべきだという格言である。
企業を安物というのはどうかと思うが、たしかに、無配で復配の可能性が見当たらず、
株価も安い銘柄はある。が、世の中には、こうした無配株を好んで買う人がいる。なるほど、その人気と需給関係で値動きするから、値ザヤかせぎも可能であるが、それはうまく立ち回ればの話で、株式投資としては、ハッキリいって、邪道であろう。安物は、債務超かで、上場廃止になったり、上場会社といえども倒産することがある。そんな危険で、高くつくかもしれない株に投資するよりも、同業種のトップ企業など、値打のある株を買ったほうが、長い目でみれば、報われることが多い。

格言集のMENUへ戻る

 
少資金超短期株取引研究会TOPへ戻る
TOPページへ戻る